受章者への贈り物

祝う側にも作法がございます

叙勲の受章条件として「国家又は公共に対し功労のある者」「(職位)にあって顕著な功績を挙げた者」とあるように、叙勲を受けられた先生は一企業、一団体の益のみならず業界全体、また地域全体にとっての至宝です。叙勲を受けられることは大変な名誉ですので、ご家族、ご親族、親しいご友人、あるいは団体・職場・教え子を代表して、ご受章者様に宛て記念となる品を贈られることを当然お考えのことと存じます。本項ではご受章者様へのお祝いについて、その一般的な作法をご解説させていただきます。

まずは祝電・お電話

受章者様と懇意にさせていただいていた方の場合、最初にご祝意をお伝えすることが肝要です。最近ではあまり使われない電報なども、特別なご祝意を伝えるには有効な手段となります。

記念品のご選択

受章者様の身辺が落ち着かれた折を見計らって持参されるか、宅配便にてお届けするのがよろしいかと思います。その際、例のようなお名入れをされると一層喜ばれます。

例

Check point

叙勲は名誉の栄典でございますので、金員の類は避けられた方がよろしいかと存じます。また、カタログギフトは受章された先生のことを何もご存じないと仰っているのと同じです。ぜひ、心のこもった品物をお選びください。

なお受章祝いの贈り物として、これまで多く御用命頂いた品を参考までご紹介させていただきます。

実用性に富み、身近に置いてお使いいただける記念品

便利かつ温かみのある木製漆器の文庫、日常便利に使えるリモコン入れ等が人気でございます。

品番 02001

春慶文庫(木製)

美術性が高く後世にまで残る記念品

壊れることがない青銅器、職人の技巧が光る七宝には根強い支持がございます。実用的にもお使いいただけますが、インテリアとしても十分な美術性を備えております。

品番 05010

銘々皿 梅 3枚入り

品番 11015

一輪生みどり 銀双鶴彫金7.5寸

記念写真額

皇居で撮影される集合記念写真は、ご受章者ならどなたでもお求めになれますので、記念写真額は人気のある贈り物のひとつでございます。額裏に無料にてお名入れをいたします。

Check point

勲記・勲章額は受章者様がご自分でお求めになるケースがほとんどでございますので、お贈りになる場合には事前にお打合せ頂く方がよろしいでしょう。

品番 01245

記念写真額(半切用)、横仕様(集合写真用)

品番 01248

記念写真額(四つ切用)、縦仕様(個人またはご夫妻用)