弊社専用額の特徴

高品質・堅牢・品位のある特製額です

銀座明倫館の額は、額作りの本場、愛知県西部にあります。小社専属製作所にて、高品質・堅牢・品位を主眼としてコストを極力抑えつつ、制作しております。

桜材、紫檀材ほか多数の額を取り揃えておりますので、詳しくは弊社カタログをご覧いただくか、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

1.弊社オリジナルの月桂樹の勲章枠

勲記にある月桂樹を形象化

品位に富む勲章枠の月桂樹は弊社のオリジナルで、勲章を飾るにふさわしい品位と格調高いものとして大変御好評を得ています。勲記の中の月桂樹を形象化した金箔仕上げの特製品です。

2.堅牢な額縁

全ての額縁に万全の防虫、防腐加工が施してあります。

角は堅牢で、額の四辺は、特殊な機械を用いて高周波の電気をかけて締めますので、大変頑丈です。

3.上質のアクリルグラス

全面に1枚、勲記面に1枚、計2枚の変色しない、上質のアクリルガラスを使用しております。

中綬章・重光章・大綬章も額装できます

旭日中綬章額装例

首にかけるため長い綬(リボン)を持つ中綬章も、V字型に見栄え良く飾ることができます。

中綬章以上をお飾りになる場合、より重厚な額をお選び頂くと一層美しく引き立ちます。

旭日重光章額装例

正章・副章をバランス良く配置してお飾りいただけます。

ご希望により略綬を納めることも可能ですが、勲章の代わりに身に着ける物ですのでお手元での保管をおすすめ致しております。

中綬章および副章の飾り方

  1. 額縁マットの穴にメダルの環を合わせてピン留めします。
  2. メダル裏面にクッション付両面テープを貼り、月桂樹の中央に固定します。
  3. 綬(リボン)の先端を切込から通し、綬がVの字を描くように調整します。
  4. アクリル板・リボン・額縁マットの順にピンを差し込んで固定します。

先達に学ぶ額縁選び(PDF)

最良の額縁は最高の栄誉 芳を後世に流すために(pdf)