叙位叙勲(死亡叙勲)

御逝去から御披露の流れ


叙位も叙勲も生前授与

叙位も死亡叙勲も国家又は公共に対し功労のあった方に授与されるものですが、授与の形はどこまでも生前の日付での授与ということであります。すなわち生前の最後の日付をもって授与されるわけであります。生前の功労を偲ぶとともに、丁重に追悼する我が国ならではの美徳をここにみることができます。故人の生前を飾る最後のものとして御遺族様や周囲の人々にとって悲しみのうちにも一つの安らぎをそこにお求めになることがおできになるのではないかと存じます。

閣議決定・上奏・裁可

叙位、叙勲の伝達は、御逝去の日から30日以内に閣議決定、上奏、天皇陛下の御裁可の手続きを完了しなければならないことになっております。すなわち御逝去の日から30日以内に決定しご遺族様に伝達することになっている訳です。閣議は通常では毎週火曜日と金曜日に開かられ、閣議決定されます。

位記・勲記・勲章の伝達と受理

上記のごとく手続きが完了いたしますと本省又は地方自治体の栄典部署よりご遺族様に伝達されるわけですが、前に申し述べましたように30日以内に手続きは完了し30日以内にご遺族様に伝達する決まりになっておりますが、実状はそのようになっておりません。事務処理上の問題であろうと存じますが最も早い方で30日、最も遅い方ですと70日位経て伝達受理の運びになるとお考えになって下さい。大体45日位経ての伝達受理が平均的な日数であります。叙位には位記、叙勲には勲記と勲章が授与されます。

勲記・勲章・位記を額装する

勲章・位階は先生の生前のご功績に対する国家栄典であるとともに、天皇陛下から頂ける栄誉ですので、受章されたことはなるべく多くの方にお知らせするべきとされています。御謙遜の気持ちから勲記・勲章・位記を筒やケースに入れたまましまっておくというのは、せっかくの国家栄典を軽んじるのみならず、天皇陛下からの授かり物を死蔵することになってしまいます。
頂かれた勲章・位階は汚れや破損を防ぐため必ず額装し、区切りのご法要をお済ませになるまでの間は床の間などお近くに飾られ、しかるのち神棚に準じる扱いで高い位置に掲げられることをおすすめいたします。

銀座明倫館の勲記・勲章・位記一体額

銀座明倫館ホームページにて勲記・勲章・位記一体額をお買い上げいただくと、高級組み立て式額立てを無料サービス

銀座明倫館の勲記・勲章・位記一体額を叙勲ショップまたはホームページお問い合わせフォームよりお申し込みいただくと、床の間・お仏壇の傍・祭壇など、勲章をお手元で飾られる際にお使いいただける高級組み立て式額立て(大)標準価格¥4,536(税込)を、無料にて額縁と一緒にお届けします。

※対象商品は下記の一体額限定とさせて頂きます。ご了承下さい。

香典返しと叙位、叙勲の御披露を一緒になさる場合

香典返しと叙位、叙勲の御披露を一緒になさる場合は仏式では忌明けの七七日忌(四十九日・満中陰)神式では五十日祭に行うことが正式とされておりますが、昨今においては当日返しも結構ございますし、前述のごとく七七日忌までに伝達受理が間に合わないとか、時間的に、無理があることが十分考えられますので香典返しが主となり叙位、叙勲の御披露は従となりますので御挨拶文と包装、表書きは下図のようになります。

御挨拶文

 

包装 表書き

叙位・叙勲の御披露を四十九日以降になさる場合

叙位、叙勲の御披露は一切の仏事をとどこおりなく終えられる忌明けの四十九日以降の良き節目を選び御披露なさるのが普通です。叙位、叙勲の御披露は慶事として御披露なさるのが御栄誉に最もふさわしく、時間的にも御無理がないかと存じます。弊社の経験からも事実そのようになさる方が多うございます。この場合には御挨拶文、包装、表書きは下図の様になります。

御挨拶文 書式(1)

包装 表書き


銀座明倫館特製額

「勲記・勲章額」「褒章の記・褒章額」「記念写真額」「位記額」など各専用額などに加えて、様々な材質の物を取り揃えております。


叙位・叙勲専用額の種類

叙位・叙勲に相応しい専用額、御遺影額を御用意しております。

銀座明倫館こだわりの額

国家からの御栄誉を称えていただくための額装には、一般的な額ではなく、専用額を用います。

詳細はこちらから

弊社専用額の特徴

弊社専用額にはオリジナルの「月桂樹の勲章枠」や、勲記と同じ「菊花御紋章」などを拝用しております。

詳細はこちらから

額周辺小物

勲章・褒章飾額、特製額立て、特製額カバー等、さまざまな小物を御用意しております。

詳細はこちらから


受章に際してのご準備

  • 叙勲褒章

    伝達から拝謁の流れや事前にご用意された方が良いもの、受章者からのアドバイスをご案内いたします。

    詳細はこちらから>

  • 長年の経験に基づき、叙位、叙勲の御披露、御挨拶と御法事、水引、表書き等についてご案内いたします。

    詳細はこちらから>

  • 企業の代表者が叙勲・褒章を受章の際のご準備等を、長年で培ってきたノウハウを基にご案内いたします。

    詳細はこちらから>

お役立ち情報・キャンペーン