受章者からのワンポイントアドバイス

事前準備についてのアドバイス

  • お礼の要領については、10数社からカタログが送られてくるので、その中から2~3社に絞って検討を行い、お礼状、額、記念品を購入しました。
  • ホテルが決まれば、早めに寸法あわせを兼ねレンタル等予約をしたほうがいい。
  • 男性はモーニングが殆ど(手袋はしていない人も多い)、女性は色留袖が8割強。

参考までにレンタル料は:モーニング 3万円強、色留袖 7万円、着付け代 1.5万円、セット代 8千円くらい、メークも頼む場合はプラス5~6千円くらい。

御参内(天皇陛下拝謁)についてのアドバイス

  • 待ち時間が多くて疲れるが、宮殿内では係りの方が親切に宮殿内の説明をしてくれました。
  • 拝謁の時間としては5分弱ですが、感動の一時でした。その後、同じバスの人たちと宮殿内で記念写真の撮影をします。
  • カメラは必需品ですが、皇居では撮影禁止です。その他の場所では、お互いに撮り合って結構な枚数となりました。

ご受章後についてのアドバイス

  • 勲記・勲章、褒章の記・褒章を見たい人が多いので、額装して見せたほうが勲章・褒章を手に取ることもなく、近くで見せることができます。額は早めに用意をしておいた方がいいです。
  • 祝品物がばらばらと届きます。人伝に聞いて、半年以上経ってからお祝いをいただくケースもあります。何品か記念品を選んでおくと、祝品物によって使い分けが出来て便利です。

受章に際してのご準備

  • 叙勲褒章

    伝達から拝謁の流れや事前にご用意された方が良いもの、受章者からのアドバイスをご案内いたします。

    詳細はこちらから>

  • 長年の経験に基づき、叙位、叙勲の御披露、御挨拶と御法事、水引、表書き等についてご案内いたします。

    詳細はこちらから>

  • 企業の代表者が叙勲・褒章を受章の際のご準備等を、長年で培ってきたノウハウを基にご案内いたします。

    詳細はこちらから>

お役立ち情報・キャンペーン